芸能裏画像工房  > スポンサー広告  >  > 未分類  > 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年02月25日(金)



tsubasakun_taketakeさん

映画「あしたのジョー」について
一昨日、一人で観に行ってきました!


もともと原作ファンではなく、
ピンポンの曽利さんが監督と言う事で観に行ったんですが、
素直に「おもしろかった」と言える映画でした。


しかし、家に帰っていろんなところでこの映画のレビューをみたら
批判しか書いていない!褒めてるやつがほとんどいない!!

主な批判の内容としては、
「原作をバカにしている。原作を潰すな」
「ジャニーズを主演に選ぶな」などなど。。

わかるんです。原作を愛しているからこそ
この人たちは自分の世界観を壊されたくないのでしょう。

でも、そんなこと言ったら、
映画は全て映画作家がゼロから脚本を作ったものじゃないといけないのか?
って話になると思います。


あと、ろくに演技を観ないアンチジャニーズファンが
騒いでいるだけのような気もしますが。。

みなさんの感想を聞かせて頂きたいです。





ベストアンサーに選ばれた回答


colobox202_jsさん



タイムリーな世代やファンと、そうでない人では、感じ方や捕らえ方が違うのは当然のことです!

私は子供の頃にジョーを観て、強い心と勇気を貰いました。

どんな媒体での表現にせよ、人に何か(メッセージ)を伝えるということは、そこにドラマがないと伝わらないと思うのです!

本作では、個々のキャラクターの人間性や、関係性が表現し切れていない様に感じました。

すなわち、演出が残念だったと思います!

ジョーの孤児であるが故の劣等感やストレス、又、その裏にある、
虫も殺せないような優しさ。(アニメでの哀愁や悲哀の表現)

力石の圧倒的なパワーと、ジョー以上の孤独感。(ニヒルの表現)


例えば、力石のパワーを表現するなら、

アニメの中で、ジョーが養豚場から豚にまたがり脱走をするシーンで、(You Tube観て)

力石が、豚の大群を意図も簡単にすり抜けながら、
豚ともども、ジョーを一撃で仕留めるシーンを、

現代のVFXがあれば、十分に表現できたはずでは?(もったいない!)

私は、決して今回の映画版を否定してる訳ではありません。

むしろ、アニメでは表現できない部分の表現。


例えば、ドヤ街のセット等は最高でしたし、今回ほど、
VFXの力でアニメを越えて欲しいと思ったことは有りません!

最後に、なぜ賠償美津子が食堂の女房役で無かったのか、助演陣の援護が弱いところが悔やまれます。

表現=パッション=感動

山ピー、伊勢谷がんばれ!



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1155580606
※この記事の著作権は配信元に帰属します


鼠先輩が衝撃告白「芸能界ドロドロ、めちゃくちゃある」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110214-00000017-ykf-ent

関連記事

コメント

コメントを投稿する


管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

[PR]

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

オススメ

リンク

プロフィール

裏navi7

Author:裏navi7
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。