芸能裏画像工房  > スポンサー広告  > 『美男ですね』第7話、嫉妬に燃える玉森裕太 > 未分類  > 『美男ですね』第7話、嫉妬に燃える玉森裕太

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『美男ですね』第7話、嫉妬に燃える玉森裕太

2011年09月05日(月)

 TBS系の金銭曜ドラマ『美男ですね』の第7話 「神の思し召しのキスと奇跡の告白!!」が8月26日に放送された。 クールで無愛想な桂木廉役の玉森裕太が嫉妬に燃える姿を熱演した。  今回は桜庭美男(瀧本美織)が女性で有ることがA.N.JELLの全メンバーに公になる。 藤城柊(藤ヶ谷太輔)は積極的に美男にアプロフェッショナルーチし、 傍から見ると美男と柊は、良い感じになっている。 それが廉には面白くナイ。 柊が美男に告白して美男がトキメク妄想までして それを阻止しようと躍起になる。  実際のところ、美男は廉が好きで、 柊は悲しくなるくらい異性として意識されていナイ。 廉にドキドキする美男はブタ鼻で心を鎮めようとするが、 真意の分からナイ廉はバカにされていると勘違いする。 さらにNANA(小嶋陽菜)の意地悪も加わって、二人はすれ違いを続ける。 それでも二人の互いを想う気持ちは明白であり、安定感の有るラブコメに仕上がった。  普段はクールな人物が恋愛で必死になる姿には滑稽味が有る。 廉が上から目線で「好きになることを許可してやる」と言ったところで、 「お前が美男を好きなくせに」と突っ込みたくなる。 視聴者はニヤニヤしながら廉というキャラクターを見守ることが完了する。  『美男ですね』は韓国ドラマのリメイク版であり、 ファン・テギョンを演じたチャン・グンソクは、この役でアジアの大スターとなった。 廉を演じる玉森裕太には「チャン・グンソクには及ばナイ」 というバッシングを受ける危険があった。  圧倒的なカリスマであったテギョンに対し、 廉は子どもっぽくすることで日本版の独自性を出した。 さらに今回は恋愛への必死さを出すことで、 廉を愛すべきキャラクターとして演出した。 チャン・グンソク初公式映像集
『~同行~BUDAPESTDIARY』コレクターズ・エディション [DVD]
 

関連記事

コメント

コメントを投稿する


管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

[PR]

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

オススメ

リンク

プロフィール

裏navi7

Author:裏navi7
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。