芸能裏画像工房  > スポンサー広告  > 東京の放射線量「実はもっと高い」 > 未分類  > 東京の放射線量「実はもっと高い」

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京の放射線量「実はもっと高い」

2011年05月29日(日)

大気中の放射線量について、民主党の小泉俊明衆院議員が、ガイガーカウンターによる測定で東京は文科省発表値の2倍もあったことを明らかにした。こうした違いが出たのは、文科省発表値の測定方法に欠陥があるからだというのだ。 地上1メートルでは2倍も高い 小泉俊明衆院議員の国会事務所秘書は、取材に対し、こう話した。 文科省サイトでは、東京・新宿で測定された放射線量が毎日報告されている。しかし、それは東京都健康安全研究センター屋上に設置されたモニタリングポストの数字だ。こうした測定に疑問を持った小泉氏は、東京・永田町近くの交差点で2011年5月2日にガイガーカウンターを使ったところ、地上1メートルで毎時0.128マイクロシーベルトだった。 文科省発表値では、この日の数値は毎時0.067~0.068マイクロシーベルト。つまり、小泉氏の測定結果は、その2倍ほどもあったことになる。東京・霞が関で測ってみても、0.11マイクロシーベルトと倍近くあった。こうした測定結果は、週刊現代サイトの24日付記事でも紹介されており、雨などで地上に落下した放射性物質の影響で高くなった可能性が出ている。 小泉氏がその後、地元の茨城県南部の各市で同様に測ったところ、文科省発表値の3~5倍だった。発表値は、水戸市の地上3.45メートルで測っている。このほかにも、文科省発表値は、群馬県が地上20メートル、千葉県が7メートルと人の生活レベルより高いところのものになっている。 http://news.livedoor.com/article/detail/5589630/ ※この記事の著作権は配信元に帰属します

関連記事

コメント

コメントを投稿する


管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

[PR]

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

オススメ

リンク

プロフィール

裏navi7

Author:裏navi7
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。